ペットショップでは販売されないペットグッズ ②

こんにちは。

前回は WOLFGANG というペットグッズのブランドが
生体販売をしているお店とは取引をしないというお話をしました。

でも、日本では、犬や猫を飼いたいと思ったら
ペットショップで子犬や子猫を選ぶのが当たり前なので、
「生体販売」のどこがいけないの?と思う方もいらっしゃると思います。

ペットショップのショーケースには愛らしい子犬や子猫が並んでいます。
さて、その子たちはどうやってそこにたどり着いたのでしょう?
私たちが何の疑問も持たずに「かわいいね〜」と言って眺めている光景。
その裏に、実は、非常に残酷なものが隠されていたりします。

ペットショップで見かける、まだヨチヨチ歩きの子犬や子猫。
コロコロとした体やあどけない仕草は本当に愛らしく、
お店に来るお客さんの多くはそんな小さな子達を見て目を細めます。

ペットショップでは小さい時の方が売れやすいもの。
売れずに大きくなってしまうと値下げされます。
そのため、より幼い時に店頭に並べようと
子犬や子猫たちは、まだ親離れをさせるべきではない時に親から引き離されます。

親元から離され、様々な流通経路を経て、お店に辿り着き
小さなショーケースに入れられます。
そして、毎日、大勢の人にジロジロ見られ、
時には触られ、
時には寝ているところを叩き起こされたり、
まだ赤ちゃんの犬猫たちはストレスだらけの環境に置かれてしまいます。

運良くすぐに買い手が見つかればいいですが、
先ほども書いたように、売れないまま大きくなってしまった子は、
あまり見向きもされなくなり、値下げされ、
それでもなかなか買い手が見つからない状況になってしまいます。

売れなければエサをやる経費ばかり掛かるので、
売れ残った子達は繁殖屋と呼ばれるブリーダーなどに引き取られたりします。
そこでは、劣悪な環境で繁殖の為だけに犬猫を飼育し、狭い檻に閉じ込め、
無理やり出産を重ねさせるような業者です。
そこに引き取られた子達は、
ペットショップに並べるための「商品」としての子犬や子猫を
生産させられ続けるのです。

その結果、弱って亡くなる子もいれば、
繁殖屋のところで用済みと判断され
今度は引取り屋と呼ばれるような業者に引き渡され
さらに劣悪な環境に置かれるような子もいます。

下の記事にはその実態がリポートされています。
悲惨な状況にいる犬たちのショッキングな画像が含まれているので
ご覧になる際はご注意ください。
(目を背けてはいけない現実ですが・・・)

「商品」になれなかった犬猫たち 闇の犬猫「引き取り屋」

子犬や子猫が店頭に並ぶまでの流通経路も劣悪です。

繁殖業者の元から小さな箱に入れられ市場へ。
そこではセリに掛けられ競り落とされます。
そこからお店へ行くのですが、
大手のペットショップでは一旦その会社の中央配送センターに集められ
そこから各店舗に振り分けられたりもするそうです。

「生産品の流通」という面から見れば当然の流れなのですが、
しかしそれが野菜や工業製品などではなく、
「命のあるものである」ということを考えると
このままでいいのかという疑問と憤りが湧いてきます。

http://子犬・子猫、流通にひそむ闇 死亡リストを獣医師が分析(太田匡彦) – 個人 – Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/ohtamasahiko/20180626-00086995/

上のリンクの記事によると、
国内で販売される犬猫の6割は先ほどのような流通経路を辿るそうです。

生後間もないうちに何度も車や飛行機での移動を強いられることで、
年間2万頭以上が流通過程で死亡しているとの結果も。
その数は、全国の自治体で殺処分される頭数を上回るとのことです。

このリンク先の記事には、
セリに掛けられる為に小さな箱に入れられているビーグル犬の写真がありました。
そして、その箱が棚にズラッと並んでいる写真も。
それを見ただけで心が痛くなりました。

何だかまた長くなりましたので、
今回はここまで。

次は私の経験も含めて書かせてもらってまとめようかと思います。
それではまた。

(追記)
ブリーダー = 繁殖屋ではなく、
きちんと遺伝的な問題に配慮したり、無理なく計画的に出産をさせ、
快適な環境で子犬を過ごさせてから顧客に引き渡す良識あるブリーダーさんも
日本にはたくさんいます。

———————-
 

KUBO SHINGO
———————-

Follow me!